読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カスタマーエンジニアの憂鬱

将棋を始めたおっさんCEが残すライフログ的ブログ

ゴールドリーグに昇格

2010/09/26 ついにゴールドリーグに昇格。結構、呆気なく昇格できた。ブロンズ時代はランク1位になってもなかなか昇格できず、延々とランク1位で対戦を続けて、。一時はこのまま昇格できないのではないかと思ったほどだったが、それに反して今回の昇格は順調だった。シルバーに昇格してからは徐々にランクが上がって行き、ランク1位になってからあまり時を経ずに昇格できた。自分ではブロンズ1位の時と大して上手くなってはいないと感じているのだが、実際は少しは上手くなっているのだろうか。まぁ、何にせよ、ゴールドに成れたことは結構嬉しい。

2010-09-26 そして、昇格直後に6連敗。さらに6連敗後の6連勝。流石は勝率5割になるように調整されたマッチングシステムだ。なかなか優れている。6連敗したので、格下とマッチングさせられた結果だろう。ブロンズと対戦させられた時は焦った。明らかに降格判定だ。取りあえず6連勝で失地は回復したようなので、ほっと安堵。 2010-09-26b しかし、いきなり上級リーグの上位にランクされると、その後がキツい。できれば下位の方からジワジワと上がってきたい。ランク=実力ではないが、やはりランクが下がるとモチベーションが下がってしまう。現在は10ー15位くらいを行ったり来たり、実力的にはまだゴールドの中程度なのだろう。プラチナのプレイヤーにまだ勝てない。というか、マッチングもされない。ゴールドの上位から中位程度とマッチングさせられる。ただ、ブロンズやシルバーリーグ時代と相手の強さは変わらない感じ。ブロンズ、シルバー、ゴールドと実力的には伯仲しているのではないか。そんなに差異はない感覚だ。特にブロンズやシルバーの1位をキープしているプレイヤーは、確実にゴールドの中程度の実力はある。プラチナリーグは流石に別格で、まだまだ昇格には程遠い。