読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カスタマーエンジニアの憂鬱

将棋を始めたおっさんCEが残すライフログ的ブログ

セカンドPCの更新

雑記

■YahooのオークションでASUS P4S800-MXを落札。
セカンドPCが800MHzしかないおんぼろPCで、最近調子が悪かった為、思い切ってスペックアップを計る。
CPU、MEM付きだったので、単純に載せ替えるだけで動くかと思っていたが、駄目だった。
ケーブルの接続を確認して、立ち上げるが、起動せず。
FANとかは回るのだが、BIOSの画面が出ない。
ビープ音さえしない(-_-)

■完動品のはずだから、何かが間違っている。英語版のマザーボードのマニュアルを入手し、もう一度、ケーブル等やDSW(ディップスイッチ)の設定が間違っていない事を確認する。
しかし、立ち上がらない。
ボードのLEDが付くから通電はしている。だが、ビープ音がしないのは、何故?
通常であれば、どんな状態でもCPUを認識した時点で、ビープ音がするはず。
フロントパネルのスピーカーの極性は間違っていない。念の為、逆に差してみるが、ウンともスンとも言わない。

■悪戦苦闘する事、2時間。ようやく、それらしい原因に思い当たる。
CPUの横にある見慣れない「田」の4ピンコネクタ
これは何だ ?_?
慌ててメインPCの筐体の側面を外して見てみる。うーーん、こちらには電源ユニットからのケーブルが刺さっている。
メインPCも自作した物だけど、もう4年以上前の事だから、何も覚えていない(ー_-)

■調べてみると、この4P田コネクタはどうやらCPUに直接電力を供給しているらしい。
謎は解けた!!
しかし、そうすると旧来の電源ユニットにはこの4Pコネクタが、ないので新しい電源ユニットが必要になる。
新しい電源ユニットを購入しないと駄目か。予想外の出費だなぁ、嫌だなぁと考えていると、ふと、以前にメインPCで動作が不安定になる事象が多発した時、切り分けの為に購入した電源ユニットがあるのを思い出す。
ガサゴソと押し入れの中を探すと、あったあった。

■4P田コネクタ付いている。うわぁ、何かちょっと嬉しい。
で、早速取り付け見ると、起動する。感動!!
オク主様、ちょっとでも疑ってしまった私をお許し下さい。

■その後は順調かというと、余りに前と構成が違っている為、WindowsXPが起動中に勝手に落ちてします。仕方がないので、OSから再インストール中。
0時から始めて、朝の5時の時点でまだインストール終わらず。現在、更新パッチを当てている最中。
まだまだ時間は掛かりそう。