カスタマーエンジニアの憂鬱

将棋を始めたおっさんCEが残すライフログ的ブログ

宇宙の戦士


■「宇宙の戦士」ロバート・A・ハインラインを読了。正確には先週末には読み終えていた。サクサクと読める。以前読んだはずなのだが、最後の結末が記憶と違っていた。アニメのストーリーと混同していたのかもしれない。改めて思ったのは、戦闘の描写が少ないのと、軍国主義?(解説ではファシズム帝国主義)を至上とする論法に多くが割かれているということ。だからと言って別に詰まらなくもないし、逆に結構楽しめた。けれども、やはり機動歩兵の戦闘シーンがもっと読みたいというのが、正直な感想。クモどもの生態ももっと知りたいし、そういう点ではちょっと不満が残る。

広告を非表示にする