カスタマーエンジニアの憂鬱

将棋を始めたおっさんCEが残すライフログ的ブログ

【雑記】SF好きだけど宇宙に興味がない人、宇宙好きだけどSFに興味がない人

映画『メッセージ』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ

先週の日曜日に『メッセージ』を観に行った。 宇宙好きだったので、結構楽しめた。が、原作は未読だったので、回想シーンの時系列を完全に勘違いしており、一緒に観に行った妻の説明を聞いて、ようやくどういったストーリーだったかを理解した。

原作未読で、何の予備知識もない人が、時折挿入される回想シーンを初っ端から理解するのはまず無理なので、個人的には原作を読んでから観ることをオススメする。

一番良いのは、原作未読で映画観て、原作を読んで、さらにもう一度映画を見るという方法かなぁ。

SF映画としては、映像も美しいし、異星人もリアリティあるし、文字は凄く描写が凝っていて、力作だと思ったが、宇宙好きな自分としては、宇宙の描写が一切なかったのが、唯一の不満点だった。

【ワーナー公式】映画(ブルーレイ,DVD & 4K UHD/デジタル配信)|インターステラー

個人的には、映画としての面白さは、『インターステラー』の方が上かなと感じた。特にブラックホールなどの宇宙のシーンが幻想的で魅力だった。自分が宇宙好きというのが大きいかもしれない。この辺は映画のクオリティよりも完全に好みの問題かと思う。

妻の方は『インターステラー』よりも『メッセージ』の方が好きらしい。彼女はSF好きだが、あんまり、というかほとんど宇宙の話題に関心がない。

自分は宇宙モノが大好きなので、NHKの『コズミックフロント』が好きで、毎週録画して取り溜めているが、彼女はほとんど関心を示さない。

SFを宇宙モノの一ジャンルとして認識している自分からすると、よく分からない。SF好きはみんな宇宙モノが好きだという先入観があったので、SF好きだが宇宙に関心がないという構造が未だに理解できない。

幼年期の終わり』『順列都市』とかを彼女は好きだが、自分はあまり好きではない。特に『順列都市』は途中で挫折してしまい、未だに読み終えていないような自分の方が、彼女にとっては理解できないらしい。

これは男女差なのか、はたまた単なる個別的な差異から生じていることなのか個人的に興味があるが、自分の観測範囲が狭いせいで、どちらなのか判断がつかないままでいる。

広告を非表示にする