カスタマーエンジニアの憂鬱

将棋を始めたおっさんCEが残すライフログ的ブログ

【読書】ずっとずっと心に残っているライトノベル

初夏の青い空。 そんな空を見ると、ほんの少し、なんとも言えない切ない気持ちが湧いてくる。

真っ青の空を、一機の戦闘機が真っすぐ上昇していく。

まるでロケットのように、ぐんぐんと垂直に昇っていく。

距離が遠いため、音は聞こえない。

が、エンジンノズルから青く赤い炎が揺らめくのが見える。

そして、あっという間に機体は小さくなっていき、薄っすらとした飛行機雲だけを残して見えなくなってしまう。

初夏の真っ青の空を見ると、いつの間にかそんなシーンを自然と思い描いている。 それともに、ほんのひと雫くらいだが、心の底にぷかりと切ない気持ちが湧いて出てくる。

いつの頃から、そんな風になったのか、よく覚えていない。だが、自分が思い描くシーンには思い当たるものがあった。

イリヤの空、UFOの夏

正確には自分が思い描くようなシーンは登場しない。だが、このライトノベルを読んでしばらくしてから、初夏の空を見ると、そんなシーンを思い描くようになっていた。

名作なのか分からない。読み終えた直後には、強い感情の起伏は怒らず、切ない気持ちにもならなかった。

だが、読んでからもう十年以上経つのに、こうして初夏の澄み切った青い空をみると、なぜかちょっとだけ切ない気持ちになる。

広告を非表示にする