カスタマーエンジニアの憂鬱

将棋を始めたおっさんCEが残すライフログ的ブログ

【ゲーム】スプラトゥーン2をようやく始められたが、即行でProコン難民に

スプラトゥーン2グローバルIPが必要だと知らなかったので、発売日にダウンロード版を購入したのに、一昨日までプレイできていなかった。

グローバルIPサービスを紙の書類で申し込んだが、申し込みから開通まで約2週間かかった。

正直、今時のゲームでP2P(Peer To Peer)を使ってるものがあるとは思っていなかった。しかも天下の任天堂のゲームが、である。集合住宅でアパートやマンションなどではグローバルIPが割当てされておらず、P2PがNGなネット環境が多いのが実情なのに、全然ユーザーフレンドリーではないなぁと思った。

Nintendo Switchはライトユーザーがメインなので、プライベートIPでもプレイ可能なC/S(クライアント・サーバー)にするべきなのだが、任天堂はその方面の技術力があまり高くないので難しいのだろう。

グローバルIPとかNAT超えとか、PPPoEとかルータとかITに疎い人には、相当難易度は高い。プロバイダーによってはグローバルIPサービスを提供していないのもある。

P2P環境が必須というのは、今では時代錯誤。7〜8年前なら分からないでもないが、PCゲームなどはほとんどがC/Sタイプが主流になっている現状でP2Pに拘泥するのはかなり不親切。

任天堂のゲームを作り上げる総合力は凄いが、根底にあるネットワーク技術が古過ぎるのは、色々な意味で問題があり過ぎる。

別にゲームを作るのに、最新の技術を使う必要性はないが、ネットワーク技術においては、前時代過ぎる。時代遅れと言っていい。この辺の任天堂の技術力の低さというか、先進性の無さは昔からの傾向だが、かなりデメリットでしかない。

PS4では当たり前にできているSNSとの連携やセーブデータのクラウド化など、他社では数年前に導入して、既に有って当り前のことを、ようやく今頃になってサービスを提供しようとしている状態で、Nintendo Switchに関してはまだまだプレイ動画の撮影など未導入なサービスも多い。

その辺を改善をしようとして、DeNAと提携したはずなのに、まだ相乗効果が出ているとは言い難いので、もっと頑張って欲しい。

ゲーム自体は面白いのに、そういった面で損をしている印象。

しかし、スプラトゥーン2は面白い。夏休み前に対戦環境が整えることができて、嬉しい。休み中はがっつりプレイしたい。

というか、すでにがっつりプレイしている。が、Proコンではないので、ちょっとプレイしにくい。Proコンが入手しにくいと、なんとなく知っていたが、Nintendo Switch本体ほどではないだろうと考えていたが、甘々だった。

マジで入手難易度が高い。本体ほどではないが、数件回ったが、予約さえしていない。

Proコン難民になってしまった。明日から夏休みなのに、果たして入手できるのだろうか?

Proコンできてスプラトゥーン2をやりたい〜〜。スプラトゥーン2面白いぃ〜〜。

プロモデラーMGが使いやすいので、それをメインにして修行中。