カスタマーエンジニアの憂鬱

将棋を始めたおっさんCEが残すライフログ的ブログ

【モンハン】ドリンク忘れをしないコツ

ドリンクを結構忘れる人がいる。

「アイテムのマイセット」が導入されているので、もうそんな人は皆無かと思ったら、驚くことにまだ結構いる。

そういう忘れ物する人は、基本セット(最小限のアイテム)+手動でクエストに応じてアイテムを追加して、狩りに行くという感じらしい。

ドリンクは必要がない時と、ホットかクーラーかの三択なので、基本セットには入れず、クエストに応じて、選択している。

この考え方が駄目で、忘れ物を防ぐにはアイテムを追加するのではなく、削っていくという形にしないといけない。

予め網羅的なリストを作っておき、そこから不要な物を削っていく形にすれば、漏れは発生しなくなる。

IT業界で、定義漏れ、工程漏れを防ぐための一般的な手法なのだが、そういうことに馴染みがない人には、手間が掛かって合理的とは思えないらしい。

狩りに出掛ける度に、2個削るより、1個加える方が確かに手間はかからない。

が、忘れ物防止には物凄く有効なので、よく忘れ物する人は基本セットを最小限のアイテムではなく、最大限のアイテムセットという構成にして、不要なアイテムを減らしていくようにすることをお勧めする。

消散剤、消臭玉も忘れずに

クーラードリンク、ホットドリンク、消散剤、消臭玉は基本セットに必須だと思う。時折、ベテランハンターでも消臭玉、消散剤を忘れているので、消臭玉、消散剤は是非基本セットに入れることをお勧めする。

ハンターランクが解放されてHR100超えている人が雪だるまにされてウロウロしているのは、さすがに見っともない。

近接用アイテムセット

回復薬、回復薬G、解毒薬、クーラードリンク、ホットドリンク、消散剤、秘薬、力の護符、守りの護符、こんがり肉、砥石、ピッケル、虫あみ、ペイントボール、麻酔玉、モドリ玉、こやし玉、落とし穴、シビレ罠、怪力の種、忍耐の種 以上が、自分の近接用基本アイテムセット

忘れ物がない良いハンターライフを。

広告を非表示にする