カスタマーエンジニアの憂鬱

将棋を始めたおっさんCEが残すライフログ的ブログ

【ゲーム】ゼルダの伝説 BotW でストレスに感じる点

スプラトゥーン2 が来るまでやるゲームがないので、『ゼルダの伝説 BotW』をストレスを感じないようにプレイしている。

ストレスを感じないように、ゲームで詰まったら、すぐにネットで調べてしまうようにしている。

邪道で、「そんなプレイの仕方では、ゼルダの魅力が半減してしまう」との批判を受けそうだが、『ゼルダの伝説 BotW』は従来のゼルダのお約束をリセットして完全に別のゲームになっているということだが、ゼルダに慣れていない自分にはゼルダ的なお約束事が分からずに、詰まってしまうことも多い。

なので、謎解き以外にも行き詰まったら、即ネットで調べてしまうようにしているが、以下はゼルダが苦手なオッサンがストレスに感じたポイント。というか、単なる愚痴。

武器ポーチが拡張できると気付かない

ボックリンが善良なNPCだと思わず避けてしまっていた。なので、武器ポーチが拡張できるということに気付かず、武器ポーチの少なさがストレスになっていた。

ハンマーと松明は武器ポーチではなく、デフォルトで常に使用できるようにするべき。もしくはスタックできるようにするべきだったのではないか?これは今でも大きなストレスの要因になっている。

武器とかでも代用できるが、貴重な武器を無駄使いしたくないので、ハンマーがない時は鉱石があっても素通りしている。しかし、これが微妙にストレス。せっかく見付けた鉱石なので、採取しておきたいという誘惑に駆られ、素通りした後も心残りになる。

コログを見付ける法則性が分からない

コログの実で武器ポーチを拡張できると分かったが、コログがどこに潜んでいるか分からない。

結局、始まりの地で、ネット情報を元にコログの実を20個集めて、ようやくどんな箇所にどんな感じに隠れているか理解できた。

この辺はチュートリアル的なものがあってもいいのではないかと思った。

武器がすぐに壊れる

アクションRPGなのに、基本的に戦闘を極力避けるべきものとしてゲームがデザインされている。

武器がすぐに壊れるので、雑魚は相手にせず、迂回するか、その他の手段を取るようになっている。今の2〜3倍は耐久性があってもいい。現行だと壊れすぎる。

せっかく強い武器を入手してもすぐに壊れてしまうので、なかなか使えずに武器ポーチを圧迫するだけになってしまっている。

この辺は赤い月でリセットされるのを利用して、再取得して強い武器を集めるというのが攻略のポイントになるのだろうが、同じ敵を何度も倒さないといけないのは自分にはストレスでしかない。

壊れるが再生できるようにして欲しいが、そうなるとゲームシステムの根本が崩れてしまうので、この点でも自分には合っていないのかなぁと思わずにはいられない。

料理が面倒臭い

最初は面白かったが、徐々に面倒臭くなってくる。同じ料理は一度に複数個作れるようにして、スタックできるようにして欲しい。

レシピから半自動で作れるようするべきだし、レシピはどこかに保存できるようにするべきだと思う。

採取は面白いのだが、それが上手く利用できていない感じ。単に自分が理解できていないだけかもしれないが、そうだとしたら、誘導に失敗しているように思う。

どこが未到地なのか分からない

タワーを解除すると、地域の情報が開示されるが、祠などの情報は開示されないので、どこまでが探索済みなのか全然分からない。

普通に、踏破した地点の周囲が明確化する従来型のシステムの方が良いと思うのだけれど、わざわざこのシステムにした意図がよく分からない。

地域の情報を取得するなら、馬屋だけでもポイントして欲しい。未踏の地域がもっと分かりやすくするべきだと思う。

タワーを解除しまくってしまうと、どこが未踏地域なのか分からなくなってしまう。現在の自分がその状態で、どこに行けばいいのか、よく分からなくなっている。

雨が鬱陶しい

雨が単なる嫌がらせ要素にしかなっていない。崖登りの途中で雨になった時の鬱陶しさが物凄いストレス。祠やタワーから遠い場所で、崖登りしている時に、雨になると途方に暮れるしかない。

蛙の手袋のような滑り留めのアイテムが必要だと思う。回数制限付きでも良いのであるべきだと思うが、今のところそういった救済アイテムは見当たらない。

崖登りが探索のメインの手段なのに、なぜそれを邪魔するような嫌がらせ要素を入れたのか?ゲームの難易度を高くする=嫌がらせ要素を入れることではないのは、任天堂ならば十分に分かっていると思うのだが、雨が嫌がらせ要素にしかなっていない。ゲームを進めれば変わるのか?

でも、クリアはしておきたい

こういう風に言語化すると、やはりゼルダは自分には合っていないのだなぁと思うが、なんか勿体無い気持ちが捨てきれずに、止めてはしばらくしては再開するというのを繰り返している。

【ゲーム】Nintendo SwitchのJoy-Conネオンイエローが欲しい

ニンテンドーストアを覗いていたら、Joy-Conのネオンイエローが発売されていた。

うーむ、なんかすごく欲しい。色合いがいい。

両サイドともネオンイエローにしたNintendo Switchが格好良い。

Joy-Conだけ買おうかと思ったが、Joy-Conセットだけで8000円というのは高い。色々なセンサーとかが入っているのは分かるけど、4800円くらいにならないかなぁ。

任天堂Switchを分解して分かったヒットの理由:日経ビジネスオンライン

この記事を読んでいると、枯れた製品で作っているみたいなので、今の値段よりも劇的に下がることはなさそうだけど。

しかし、コントローラの色を変えるだけで、全然印象が違ってくるので、これは上手い商売だよなぁ。

【読書】ずっとずっと心に残っているライトノベル

初夏の青い空。 そんな空を見ると、ほんの少し、なんとも言えない切ない気持ちが湧いてくる。

真っ青の空を、一機の戦闘機が真っすぐ上昇していく。

まるでロケットのように、ぐんぐんと垂直に昇っていく。

距離が遠いため、音は聞こえない。

が、エンジンノズルから青く赤い炎が揺らめくのが見える。

そして、あっという間に機体は小さくなっていき、薄っすらとした飛行機雲だけを残して見えなくなってしまう。

初夏の真っ青の空を見ると、いつの間にかそんなシーンを自然と思い描いている。 それともに、ほんのひと雫くらいだが、心の底にぷかりと切ない気持ちが湧いて出てくる。

いつの頃から、そんな風になったのか、よく覚えていない。だが、自分が思い描くシーンには思い当たるものがあった。

イリヤの空、UFOの夏

正確には自分が思い描くようなシーンは登場しない。だが、このライトノベルを読んでしばらくしてから、初夏の空を見ると、そんなシーンを思い描くようになっていた。

名作なのか分からない。読み終えた直後には、強い感情の起伏は怒らず、切ない気持ちにもならなかった。

だが、読んでからもう十年以上経つのに、こうして初夏の澄み切った青い空をみると、なぜかちょっとだけ切ない気持ちになる。

【ゲーム】Nintendo Switch狂想曲の終焉

本日のARMSの発売に合わせて、ヨドバシなどの実店舗にNintendo Switchが大量入荷している。

それに合わせて、先日までの極度な品薄感が解消されて、入荷→即完売という状態が徐々に解消されつつある模様。

それに伴って、メルカリなどの転売屋の売れ行きが鈍化している。

先週までなら、42000円(送料込み)であれば、すぐに落札されていたのに、今は落札されずにだいぶ残っている。

40000円(送料込み)でようやく落札される状態になりつつあり、そうするとメルカリだと10%手数料を引かれると、送料込みだと、定価32378円(税込)とすると、1個転売しても3000円に満たない額しか稼げないことになる。散々苦労して3000円にも満たないなら、転売の旨味はもうないかと思われる。

なので、個人での転売目的は、今日を境に一気に減る可能性が高く、そういった転売目的で購入する人が減り、さらに購入しやすくなり、転売屋から購入する人がいなくなり、逆に転売屋は原価割れを起こしてでも、在庫を処分する必要性に駆られ、今後は定価での購入がより一層しやすくなると思われる。

ということで、今後は多少の入手のしにくさは残るだろうけど、これまでの極度の品薄感はなくなると思われ、店舗でも予約受付を再開すると思われるので、スプラトゥーン2前に入手しようと焦らなくても、7月に入ればなお一層入手しやすくなると思われるので、冷静に待つのが吉ではないかと思う。

【ゲーム】大勢の人が絶賛する作品が自分には合わなかった時の哀しさ

絶望感というか寂寥感が半端ない。
まぁ、ぶっちゃけちゃうと、『ゼルダの伝説 BotW』が自分には合わなかった。
今まで、ゼルダを何作かやったけど、一度もクリアしたことがなく、途中で挫折しているので、警戒はしていた。
だが、あまりに評判が良かったので、「今度はもしかしたら自分も楽しめるかもしれない」と考えてしまった。
いや、プレイしながら、「ああ、これは良く作り込んである。多くの人がハマるのは分かる」と思った。
しかし、今までのゼルダシリーズで、途中の挫折したのは、パズル・謎解きの部分。
パズルや謎解きが解けないのではないだが、答えが分かっているのだが、その通りにキャラを動かすのが面倒になってしまうのだ。
単に操作が下手だけなのだが、パズル・謎解きの答えが分かっているのに、操作で失敗してクリアできないことが多く、その度にすごいイライラしてしまうのだ。
「ああ、こういう風に解いて欲しいんだろ?それは分かっているよ。でも、キャラが思うように動いてくれないんだよ。あっ、まだ失敗した。うがぁぁぁ!」となって、コントローラーを投げ出してしまう。
少し我慢して、頑張って幾つか祠をクリアしてみたが、どうしても祠が好きになれなず、ストレスでしかない。
探索は楽しく、採取とか面白かったのだが、祠のストレス>>探索の楽しさだったので、プレイ時間15時間くらいで挫折してしまった。

ゼルダの伝説 BotW』みたいな傑作を楽しめないのは、本当にもったいないとは思うのだが、これ以上プレイしてもストレスが溜まるだけでになるので、すっぱりと諦めた。
大人しく来月のスプラトゥーン2を待つことにする。
しかし、大勢の人が絶賛するゲームを楽しめないというのは、哀しい。

【モンハン】モンハンワールドにワクワクしない理由

www.capcom.co.jp

トレイラーを見ても、なぜかワクワクしなかった。

なぜだろうか?と少し考えて、理由はすぐに分かった。

プレイ画面ではなかったが、トレイラーから受けた印象はモンハンではない別のゲームに見えたから。

オープンワールドのありきたりの洋ゲーに見えてしまったのだ。

こんな感じの洋ゲーなら、すでにある。

www.jp.playstation.com

直近で言えば、『Horizon Zero Dawn』とかだ。

このゲームは、モンハンを良い感じに取り入れているので、似た印象を受けてしまうのは仕方がないが、トレイラーから自分が受けたのはモンハンらしさが全然ないという印象だった。

モンハンではない別のゲーム。単純に「こんなのモンハンじゃない」という感想。それがすごく大きい。

じゃあ、お前が考えるモンハンらしさってなんだよ?と訊かれると困るのだが、「おお、超やりてぇ」とは思えなかった。

この辺のバランスというか、兼ね合いというか「らしさ」を保ちつつ、完全に別のモノと作り上げるのは本当に大変なことなのだなぁと思った。それぞれが抱いているモンハンらしさというイメージは、それこそ千差万別だ。

そういった意味で、ゼルダらしさを保ちつつ、オープンワールド化を成し遂げた任天堂の凄さが改めて認識できた。

下手をすると、モンハンストーリーズと同様に、モンハンと名前は冠しているが、正当なモンハンではない亜流のゲームになってしまうことも充分にあり得る。

自分的にはトレイラーを見たら、逆にオープンワールドでモンハンをしたいという気持ちが冷めてしまった。

しかし、カプコンがトレイラーの映像作りが下手なのは毎度のことなので、あまり気にせず、Nintendo Switch版モンハンダブルクロスでもまったりやろって待つことにしようと思う。

関係ないが、なんかARMSが面白そう。

【ゲーム】マイニンテンドーポイントが貯まったけど

Nintendo Switchを購入する為に、ニンテンドーストアに頻繁にアクセスしていたら、なんとなくマイニンテンドーにもアクセスしてしまっていた。 結構、ポイントが貯まったいた。溢れる感じにまでなっている。

が、何かと交換しようと思ったけど、欲しいモノが一つもない。

ヴァーチャルコンソールのソフトの割引とかあるのかと思ったけど、違った。

ポイントはシルバーだと、半年で有効期限が切れてしまうので、何か買った方がいいのかと考えたけど、別にいいや。

しかし、ゴールドポイントの失効も1年とか短すぎるだろうと思った。

という、単なる愚痴。