電子探訪記

モンハン好きのおっさんが残すライフログ、読書・ゲームがメイン

中国発の話題のSF『三体』はSF好き向けの作品

三体

三体

読了した。
うん、悪くはない。だが、超絶凄いという感じでもない。
というか、『三体』は三部作で、今回の第一部は、全体総量の1/4〜1/5でしかないらしい。
第二部は、第一部の1.5倍の総量で、第三部は第一部の2倍のボリュームらしいので、今作は本当に序章でしかない。なので、今後の続き次第。
第二部は、2020年刊行予定らしいが、それがいつ頃なのかは明記されていなかったので、今、焦って探して買うまでもないかなというのが、率直な感想。
今後に期待。

自分は、続刊の第二章が出たら購入するが、その第二章が上下巻に分かれていたら、上下巻同時に買うのではなく、上巻を買って、それを読み終わって、続きが読みたいと思ったら、下巻を買うという形にする。

期待値は高いが、あんまり過度に期待しない方がいいかなぁという印象。

SF好きな人にはお勧めできるけど、普段全くSFを読んでいない人にはお勧めはできないので、その辺は注意が必要。
相対性理論とか、量子力学とか、宇宙について興味があり、『幼年期の終わり』や『星を継ぐもの』とかを最低限読んでいる人ではないと、愉しめない。
重度のSFマニアである必要はないけれど、基礎的なSFの素養がないと、面白く感じないと思う。

SF好きな自分としては、続きが気になるので、2020年のできるだけ早い時期に刊行して欲しいなぁと思う。
とりあえず、現時点での評価は、星4つか、期待を込めて4.5という感じ。

中国発のSF『三体』が好評で、初版が売り切れ中

huyukiitoichi.hatenadiary.jp

SF好きなので、この記事を読んで、興味を持ったので、ちょっと書店で手に取って、最初の触りの方だけ試しに見て、面白そうだったら買おうかと思った。
が、どこにも売っていない。駅前などの大きな書店はどこも在庫無し。Amazonを始め、ヨドバシや、7ネット、e-honなどのネット通販も軒並み全滅。
レビューを見ると、概ね星5で、高評価。上記の記事のコメントもかなり好評。
手に入りにくいとなると、途端に欲しくなるので、普段あまり行かない駅から少し離れた本屋や、少し寂れた感じの本屋を狙って探し回る。
「この本ありませんか?」とiPhoneAmazonのページを見せるが、全部の書店で、「ああ、三体ね。今、在庫ないんですよ」とほぼ即答される。自分と同じように探して店員に訊いている人が多いっぽい。
今、重版がかかっているようだが、流通するのは連休明けになるっぽいので、リアル店舗で見かけたら、手に取って読んでみることをお勧めする。そして、気に入ったら迷わず買うべき。

三体

三体

Kindle版もあるので、探し回ったりするのが面倒な人はそちらで購入するのがいいかもしれない。
自分は、漫画とライトノベル、ビジネス書は電子書籍、それ以外の文字の多い本は紙の本と決めているので、書店を4〜5件くらい回って、結局勤め先に会社に近くの少し寂れた感じの書店で、なんとか手に入れることができた。
紙の本で430ページくらいで、200ページくらいまでしかまだ読んでいないが、自分の中では、かなり高評価。Amazonのレビューにもあったが、翻訳が物凄く素晴らしい。まるで最初から日本語で書かれていたかのような自然な翻訳。
中国発の作品なので、検閲云々とかコメントしている人がいたけど、そんなことは全然気にしないでOK。というか、そんなことを気にして、この上質なSFを読まないというのは本当に勿体ない。
今、本好きの間ではちょっとしたブームになっているっぽいので、興味ある人はぜひ読んでみることをお勧めする。

※紙の本だと、登場人物表というピンクの紙が差されているが、若干ネタバレになっているので、見ない方が吉。

Switch Lite発売の発表が来たので、いよいよSwitch専用モンハンが来るのではないかと妄想

www.nintendo.co.jp

今日はずっとこのニュースで持ちきりだった。
以前からリーク的な情報が流れていたので、それほど驚きではなかった。しかも、完全にSwitch Miniと事前に想像されていた予想図通りの形だったので、逆に驚きだった。
が、これは嬉しい驚きだった。
外観見たら、ポケモンのためというより、どう見てもポータブルモンハン用携帯Switchとしか思えないデザイン。
2019年上期は、9月にICEBORNEがあるが、下期はカプコンにはリリースされそうな大型タイトルが一つもない。なので、2020年年明けの2月か3月にワールド的なゲームとは別に、従来の3DSモンハン4や、4G、モンハンクロスダブルクロス的な感じのSwitch専用のモンハンがリリースされるのではないかと妄想せずにはいられない。
仮にそうだとしたら、ワールドで遊びつつ、通勤時などの隙間時間に、Switch Liteで新しいポータブルモンハンを楽しむというモンハン漬けという夢のような生活が実現するということになるなるので、ICEBORNEを楽しみにしつつも、Switchの方も目が離せないなぁ。

ICEBORNEのβ版をやりやながら、ワールドでやり残したことを少しずつクリアしていきたい

ICEBORNEのβ版が先週末にあり、方々にその感想が出ているし、好きな人は実際に体験していると思うので、今更自分が感想をいうまでもないが、まぁ、相変わらずクオリティが半端ない。

想定内といえばそうなのだが、現行の他のゲームに比べると、異次元のレベルのクオリティ。新アクションとか太刀の見切りの弱体化などが色々と言われているが、自分にはあんまり関係なく、単純に新マップの印象が良くて、そのマップでティガレックスと戦えたというだけで、大満足。

「渡りの凍て地」のマップは、イメージ的には「大蟻塚の荒地」の雪原版という感じで、過度に複雑ではないけど、狭い場所や広い場所などきちんとメリハリがあり、かなり好印象。

「古代樹の森」が複雑化しすぎていただけで、「大蟻塚の荒地」「陸珊瑚の台地」も適度に高低差があり、減り張りのある良いマップなので、ICEBORNEでそういった感じのマップが増えるのは嬉しい。

否が応でもICEBORNEの期待が高まってしまったので、自分の中でモンハン熱が少しずつ甦りつつある。

なので、ICEBORNEに備えて、自分の使っている弓、太刀、ガンランスなどの生産武器を全て強化しようと思い、ちょっとずつ材料を集めている。

しかし、太刀が天天以外をほとんど作っていかったことが分かり、今さながら少し驚く。モンハンクロスダブルクロスのときは、飛竜刀など色々な太刀を使っていたが、ワールドでは天天しか使っていなかった。
ワールドでは無属性の武器が強すぎて、ほとんど属性の太刀の存在意義がなくなってしまっており、モンスターによって色々な武器を使い分けるというモンハンの魅力の一つが機能していないので、ICEBORNEではその辺改善されるといいなぁ。

ビンラディンへの襲撃を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』が面白かった

アマゾンプライムのオススメにあったので、観てみたら、予想外に面白かった。
内容は、CIAの女性分析官が情報分析でビンラディン捜索する姿をドキュメンタリー風に描いた映画。
色々と脚色はされているのだろうけど、概ね事実に基づいていると思われるが、ビンラディンを捕捉するまでのヒューマンインテリジェンスが興味深かった。
高度なITを駆使しつつも、要所要所でかなりアナログ的な手法に頼っていたりする点が面白かったし、最終的にビンラディンの隠れ家を襲撃するための決断の要素が、あまりにも曖昧な状況証拠だけに基づいていたことに、かなり驚いた。
中盤が少し長くて、中弛みする感じはあるものの、ビンラディンを捕まえて殺害するまでの舞台裏とかに興味がある人には、かなりお勧め。
自分的にはこれを観るためだけに、アマゾンプライムに入る価値はあると思う。もしかたら、Netflixとかでも観れるかもしれない。

ICEBORNEのβ版が6/21(金) 19:00〜

まさかまさかの嬉しいお知らせ。
ICEBORNEの試遊が出来てしまうなんて。
しかもこんなに早く。マジで超嬉しい!


『モンスターハンターワールド:アイスボーン』受付嬢のハンティングガイド

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観てきたけど、シナリオが残念すぎた【ネタバレ無し】


映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』予告3
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観てきた。
怪獣のシーンは良かった!
しかし、それ以外の人間関係のシーンが物凄く詰まらなかった。
脚本が駄目すぎ。
ハリウッド映画なので、その辺は覚悟していたけど、予想をはるかに超える駄目シナリオだった。
怪獣のシーンが凄くいいのに、本当にもったいない。
本編は、2時間10分だったと思うけど、怪獣シーン以外をばっさり全部切ってしまった方がいいくらいだった。
怪獣シーン以外が退屈すぎて、合間合間に我慢できずに寝てしまった程。
あんまり期待はしていなかったけど、想像以上にシナリオが退屈なので、これから観に行く人は覚悟した方が良い。
ただ、怪獣シーンは結構良かったので、怪獣好きな人には良い映画かもしれない。