電子探訪記

モンハン好きのおっさんが残すライフログ、読書・ゲームがメイン

対人ゲームに疲れている人が多い?協力型ゲームがしたい

上の記事を読んでみて、「ああ、呪いとは良い表現だなぁ」と思ったので、以下は個人的な感想というか思い浮かんだこと。

TPSやFPSゲームだと、必ずと言っても良いほど、vP(対人)の要素がある。vPの要素があるというよりも、そっちの方がメインである。

今、流行っているゲームのほとんどが、vPメインのゲームである。Fortnite、PUBG、スマブラスプラトゥーン2、DbD、ShadowBane、スト5などが日本では流行っている感じだが、いずれもvPメインのゲームである。

CoDやBF5、LoLなどが海外では流行っているが、いずれもvPメインになる。

vPは確かに面白いし、人間が相手なのでコンピュータ相手のよりも複雑で奥深い。何よりも勝つと単純に満足感が大きい。

が、vPは勝てれば良いが、負けるとマイナスな感情に陥る。負けてもその悔しさをバネに上達して、さらに上手くなり、今まで勝てなかった相手に勝てるようになったときの達成感は、得難いものではあるが、人間なので延々と負け続けると嫌気がさしてしまう。

そして、今のゲームはネットで容易に対戦相手が見つかるので、やがて勝率は五分五分に近くなっていく。簡単に対戦相手が見つかるが、少し上達しても、さらに上手い人に当たり、もっと上達しても、もっと上手い人に当たる。インターネットでワールドワイドで対戦相手が見つかるようになったが、逆に全世界の上手い人を相手にして、延々と上を目指していかなければならない。

最初の内は少しの努力で上達して勝てるようになっていくが、ランクが上がるにつれて、上達して勝てるようになるのに、多大な努力と時間を要するようになる。なので、いずれ上達が頭打ちになってしまい、「オレ、強ぇぇ」と感じる機会が減ってしまう。

上の記事でも格闘ゲームでも同じような問題があり、「井の中の蛙」的な充足感を感じることも結構重要ではあるけど、その仕組みを上手く構築できているゲームはないよなぁという嘆きになっている。

自分も一時期、vPにハマって色々なゲームをやってきたけど、そういった勝ち続けるための努力に疲れてしまった。

上記の本では、プロゲーマーの先駆者である梅原大吾氏が、どのように自分のモチベーションを保っているかということを綴っているが、凡人の自分にはやはり真似できない。まぁ、簡単に真似できないから、トッププレイヤーとして存在できるのだろうけど。

ということで、vP要素に燃え尽きてしまった自分としては、vP要素がないCoop前提のvE専用ゲームの面白いゲームが出てくれないかなぁと願っている。

まぁ、そのCoop前提のvE専用ゲームであるAnthemの体験版をプレイしたけど、なんかイマイチで、完成度が低かったので、凄く残念だったというのが、本当は言いたかっただけ。

【モンハン】モンハンワールドの設定集を買ったが、デカ過ぎて読みにくい

DIVE TO  MONSTER HUNTER: WORLD モンスターハンター:ワールド 公式設定資料集

DIVE TO MONSTER HUNTER: WORLD モンスターハンター:ワールド 公式設定資料集

デカいのは分かっていたが、やはりデカ過ぎる。イラストと大判本で見せたいという意図は分からなくはないが、マンション住まいで空間が限られ、本棚の本も定期的に捨てている自分としては、デカ過ぎという感想しかなかった。

内容は凄く良いし、ボリュームも満足。税込みで5300円ちょっとで高いが、モンハンワールド好きなら買って損はない内容だと思う。だが、やはり大き過ぎる。

電子書籍版が出るか不明だが、待てるならKindle版が出るまで待った方がいいと思う。iPadとかで見た方が絶対に見やすいし、紙版だと一回見て仕舞ってしまったら、たぶん取り出して再度見ることはない。

内容は凄く良いのに、なんで電子書籍版で出さないのか。本当にその点だけが本当に残念でならない。

空挺ドラゴンズが予想外に面白くて全巻購入してしまった

まぁ、タイトル以上のことはないです。

少し前からネットで徐々に話題になっていたので気にはなっていたが、試しに1巻を読んでみたら、思いの外に面白かったので、一気に全巻購入してしまった。

龍(おろち)と呼ばれる空飛ぶ鯨のような生き物を狩る空船に乗る乗員たちの生活を描いている漫画。

漫画版のナウシカに雰囲気が似ているとか言われているが、個人的には良い感じに雰囲気を似せており、嫌味な印象はない。

自分は最初は漫画版ナウシカの大ファンなので、それを真似た漫画なんだろうなぁと思って、避けていたが、第1巻が格安セールしていたので、試しに読んでみたら、予想外に自分の好みだったので、2巻、3巻と次々に購入してしまい、その日の内に最新巻まで全部読み切ってしまった。

確かに、ぱっと見は宮崎駿の漫画版ナウシカに似ているが、猿真似ではなく、きっちりと作者の中で消化してあり、似てはいるが完全にオリジナリティのある画になっている。

1巻はまだ画が安定していなかったが、2巻目の中盤以降は画力が向上していて、特に女性キャラクターの繊細さが顕著に上手くなっている。

世界観はありきたりだが、そのありきたりな設定を卒なく描いている。物凄く意外性がある物語りでも展開もないが、安定したクオリティで破綻なく描き切っている点は凄いと思う。

超絶に続きが気になるという訳ではないが、続巻が出たら必ず買おうと思わせる期待を裏切らない安定感があり、ある種、森薫の「乙嫁語り」に通じるものがある。

ただ、この先どうなるのかと言ったようなワクワクはないので、雰囲気を楽しむ漫画だと言えるので、人によっては合う合わないが出てくるかもしれないが、自分には合っていた。

読み始めると、何となく止めらないという不思議な雰囲気と魅力がある漫画。多分、爆発的に売れるような作品ではないが、上質なファンタジーであるので、そういった雰囲気が好きな人がまったりと落ち着いて読むのに向いている漫画だと思う。

気になる人は、時折、Kindleで第1巻がセールしているので、そのタイミングで読んでみることをお勧めする。

【モンハン】モンハンワールドのコンテンツ追加が遅いよなぁという愚痴

※以下、延々と個人的な見解による愚痴をつらつらと書いています。

結局、超大型アップデートは2019年の秋にリリース予定になってしまった。結構落ち込んでいる。今はだいぶ落ち着いてきたけど、本当に落ち込んでしまっていた。

「嬉しいお知らせ」という思わせ振りな言葉があったので、過剰に期待してしまった。

一周年記念である程度の規模のコンテンツ追加はあるものと勝手に思い込んでいたので、それが一年先に延びてしまったには、自分にとっては全然「嬉しいお知らせ」などではなく、「残念なお知らせ」でしかなかった。

海外の人気ゲームでは、追加DLCなどはほぼ一年以内に発売されることが多い。

来月2月にコラボが予定されている『ウィッチャー3 ワイルドハント』はモンハンワールドと同様に世界的に約1000万本で売り上げた大作だが、『ウィッチャー3 ワイルドハント』 の場合は2015年5月にリリースされた後、2015年10月には追加DLCが出ており、さらには2016年5月には第2弾の追加DLCが発売されている。

だいたい大型タイトルと言われる海外のゲームでは、発売されてから6〜8ヶ月くらいのペースで矢継ぎ早に追加DLCを出すのがスタンダードになっているので、モンハンワールドも多少の遅れはあるにせよ、12月の年内には間に合わないかもしれないけど、発売一周年記念では新マップと新モンスター数体の追加と、諸々の作り込みが甘いと言われているUI回りの改善がDLCとして来るかと思ってしまった。

それがさらに一年後という発表。正直なところ、かなりがっかりだった。「遅い、遅すぎる」という不満しか感じられなかった。

自分の悪い性癖で、「勝手に期待して、勝手に失望する」という面が全面的に出てしまった感じだった。

ただ、開発の進捗が上手く進んでいないなら、意味深なことを言って、期待を煽るようなことはしないで欲しかったなぁという思いが強い。「数日後に、嬉しいお知らせがあります」という辻本プロデューサーの言葉で、変に期待値が上がってしまったために、余計に失望感が大きくなってしまった。

1000万本超のセールスが明らかになった時点で、開発陣を大幅に拡充するなり、モンスターのデータ作成などを外部に委託するなりしなかったのだろうかという疑念というか不満を持ってしまう。

モンハンワールドのゲームエンジンカプコン独自のものらしいので、それを使いこなす人員の補充は難しく、同様の理由で外部に委託するのも色々と問題があってできていないのだろう。この辺はUnrealやUnityなどの汎用性の高い開発ツールを使っていたら、かなり状況は違っていたのかもしれない。自社専用の独自性の高いツールを使っている弊害なのかもしれない。

確かに、モンハンワールドはバグらしいバグはほとんどなく、キャラクターやモンスターの動きも凄く滑らかで、非常に完成度は高い。

ただ、それらの事情を勘案しても、昨今のゲーム業界全般と比較して、開発スピードが遅すぎる。自分の感覚からすると、海外に比べて2倍以上遅い印象がある。

アイスボーンも2019年秋ではなく、2019年の春とかだったら、ここまで失望はしなかっただろうけど、やはりどう考えても遅すぎる。

モンハンワールドに飽きたら別のゲームやればいいのだろうが、歳を取りすぎたせいか、自分に合うゲームがなかなか無いので困っている。

ドラクエビルダーズ2のNintendo Switch版を買ってみたが、イマイチ自分に合わない。以前から興味があった大鷲のトリコもプレイしていると酔ってしまうので、数時間遊んだだけで、放置してしまっている。

ゲームをして酔うなんて二十年くらい前にEQをプレイした時以来だった。どうもキャラクターが自分の意図した通りにスムーズに動いてくれないことが駄目っぽい。キャラクターが思い通りに動かないのをどうにか克服していくことが最大の魅力のゲームでこれは致命的だった。頑張って慣れれば良いのだろうが、そこまでのモチベーションが出てこない。

Nintendo Switch版モンハンダブルクロスでも少し再開してみようかなぁ。

【モンハン】モンハンワールドのスペシャルプログラム番組が12/10(月)23:00〜緊急放送!!


 公式行ったら、トップに告知が。
 もうね、週明けがワクワクしてしまう。

【モンハン】モンハンワールド、来週火曜日か水曜日に超大型アップデート(G級?)の告知!?

 先週の金曜日から冬のアステラ祭が来ているが、今日(現地時間だと12/06)のTGA(The Game Awards2108)の受賞時に、辻元プロデューサーが「数日後に、みなさんに喜んでもらえるお知らせができると思います」と超絶意味深な発言をする。

 発言のリンクを置いておくので、各々で自分で確かめて欲しい。

 これは間違いなく、超大型アップデートの告知でしょう。それ以外には考えられない。

 数日以内と言っているので、週明けの月曜日以降の火曜日か、水曜日に発表されると思われる。来週は特に発表するような現実でのイベントなどはないため、予定されていないが、急遽カプコンTVを放送して、その場で告知されるのではないかと期待。

 もともと、アステラ祭が12/18(火) 08:59迄という中途半端な期間までだったので、当然、皆が訝(いぶか)しんでおり、アステラ祭が終わった直後に、未発表のイベントが予定されているだろうと予想していたが、こういう意味深な表現をされると否が応でも期待が高まってしまう。

 今年の年末年始は、いい感じに曜日が並んでいるので、連休が取りやすいようになっている。自分ももしかしたら、10連休ぐらい取れるかもしれないので、アステラ祭が終わった直後に超大型アップデートが来てくれると、年末年始にがっつりと遊べるので、ぜひ年内に超大型アップデートが来て欲しいし、期待してしまう。

 超大型アップデートだったら、一万円でも喜んで買う。ドラクエビルダーズ2とかが12/20に発売になるので、モンハンワールドから別のゲームに手を出そうかなぁと思い始めていた時期なので、この発表は正直凄く嬉しい。というか、マジで最高なタイミング!!

 アステラ祭で一通りのことをしたら、個人的にはもうあんまりやることないなぁとモチベーションが下がっていたところだったが、俄然、モチベーションが出てきた。まだ全部の重ね着などのイベント装備も集めきっていないので、今回のアステラ祭中に完全に取りこぼしがないように揃えきりたいし、消費アイテムも枯渇しないように十分な量を備えておきたい。お食事券ももっと増やしておきたいし、装飾品の珠も完全に揃えておきたい。

 しかし、スマブラの新作とか来て、ゲーム実況配信とかはスマブラ一色になっているけど、このニュースに接してしまったら、もうモンハンワールドのことしか考えられなくなってしまっている。なんで自分はこんなにモンハンが好きなんだろう。正直、完成度とかボリュームとかで言ったら、「Red Dead Redemption 2」とかの方が凄いけど、なぜかモンハンほどワクワクしない。

 モンハンワールドは、UIや色々な点で作り込みが甘い印象で、「ここを改善してくれればもっと良いゲームになるのになぁ」という不満を常に抱いてしまうが、なぜか他のAAAの超大作よりも心が惹かれるし、新しいマップやモンスターが追加されるという知らせを聞くと、ワクワクしてしまい、興奮が抑えきれない。

 個人的には、今のモンハンワールドは難易度が低すぎなので、G級的なコンテンツが来て欲しいと痛切に思う。単純に新マップと新モンスターだけでも嬉しいけど。

 来週は週明けが超絶楽しみ。

 キャンペーン中で、今ならオススメソフト2本がダウンロードできるクーポンコードが付いてくるので、品切れになる前にポチっておこうかなぁと迷い中。というか、ほぼ押してしまいかけている…

【モンハン】リリースからだいぶ経つけど、モンハンワールドを新規で始めるなら、今が物凄くベストなタイミングではないかと思った

 まだまだモンハンワールドをまったりとやり続けている。というか、モンハンワールドがリリースされて以降は、ゲームはモンハンワールドしかプレイしていない。今年の01月26日(金)に発売なので、もう10ヶ月以上経つ。

dazz-2001.hatenablog.com  去年の今頃は、βテスト形式の体験版が数日間というごく短い期間しか実施されないことに、やきもきしながら、発売が早く来ないかなぁと思って、物凄くワクワクしていたのを思い出す。

 それと同時に、明日から始まるアステラ祭が始まるが、おそらくアステラ祭の後に来るであろう大型アップデートに期待してしまっている。アステラ祭の直後にすぐに大型アップデートは来ないかもしれないが、歴戦王ネルギガンテが間違いなく予定されているだろうし、アップデートについて何らかの公式発表がされる可能性が高い。

 なので、今から新規に始めるには、タイミング的にはちょうどいいのではないかと思った。今から始めれば、ストーリーモードをクリアして、ある程度レベルが上がった感じになる頃に、大型アップデートが来るようになる可能性が高いし、アップデートが来れば、人の戻って来るので、リリース直後と同じようなお祭り騒ぎのような熱気を味わうことができる。

 しかも、PS4は値下げされたばかりだし、ソフトも中古だと1500円くらいで買えてしまう。個人的には中古ではなく、Best Priceのダウンロード版を購入して欲しいが、どういった感じなのか中古ソフトで試して、気に入ったら、ダウンロード版に改めて買い直してもいいと思う。

www.inside-games.jp

 普通であれば、発売から1年もするとプレイヤーが減ってしまうものだが、PS4版の方はまだまだ十分に人が多し、新規で始めましたという人も結構いたりする。これは本当に凄いことだと思う。

 自分もまだまだやり切っていないので、もっとやり込んでいきたいし、歴戦王ゼノ・ジーヴァの仕上がりが予想外に良かったので、歴戦王ネルギガンテへの期待が高まってしまっている。歴戦王マグ・ダラオスのときはどうなることかと思ったが、カプコンの開発陣のバランス調整のスキルもかなり向上しているので、今後のアップデートにも期待していいと思う。ゼノ・ジーヴァの後に、ネルギガンテが来るようにしたということは、間違いなく歴戦王ゼノ・ジーヴァより強く調整してくるはずなので、今からワクワクしてしまっている。