電子探訪記

モンハン好きのおっさんが残すライフログ、読書・ゲームがメイン

【モンハン】モンハンワールドに足りない「引き算」の美学

www.4gamer.net
この記事を読んで、任天堂の「ゼルダの伝説 BotW」はゲームの作り込みというかバランスが良いのに、カプコンの「モンハンワールド」は色々と細かい点で作り込みができていないという印象を受けるのだろうかという以前から気になっていた疑問が解けた気がした。

 これは音だけに限ったことではなくて,映像表現とか写真や絵画でも同じだと僕は思っていて,「写さない」「撮らない」「描かない」という選択肢は能動的な表現方法の一つではないでしょうか。
 僕が一番言っちゃいけないミュージシャンだと自覚しつつの発言ではあるのですが,日本人のPOP表現は足し算が基本で,こういう無音の選択肢が苦手な気がします。それがいいか悪いかは別にして,です。例えばビルボードのチャートに上っている曲を聴いてみると,音がスッカスカです。ベースとドラムだけ,みたいな曲もあります。それで成立しているのですが,日本のトラックは潤沢ですよね。足し算してなんぼみたいな。
 再度言いますが,僕はそれがいいか悪いかは問題としていません。どちらもいいと思っています。それどころか世界の潮流に逆らって足し算を続けるJ-POPに愛を感じています。しかし,足し算することしか知らないのと,引き算の美学があることを知りながらそれでも足し算をするのでは,大きく違うと思っています。


モンハンには、「それ、必要?」という演出やギミックが多い。
モンハンワールドで上げるとしたら、ざっと思いつくだけでもかなりある。

・クエスト開始時のキャンプ移動時の振り落とし
ファストトラベルがあるので、マップを開けば、そのまま当初のキャンプ地点に移動できるので、まったく不要な演出。単にうざいだけ。
開発陣としては、ファストトラベルですぐにキャンプ地点に移動できてしまうのは単調すぎるので、一種のアクセントして追加したつもりなのでろうが、ユーザ側したら意味不明なストレスでしかない。

・痕跡採取時のモーション
痕跡採取時の匂いを嗅ぐ動作や、剥ぎ取りのモーション。
採取した時の採取のモーションが1つしかないと、単調な印象を与えてしまうので、とりあえず複数のモーションを作ってみました的な感じ。
ゲームを始めた最初の頃はいいが、戦闘中やモンスターを追っている時に、余計なモーションがあると邪魔なだけ。特に匂い嗅ぐモーションが個人的に不快感。

・気絶時の顔を叩く動作
ずっとフラフラしているだけのモーションだと単調なので、アクセントとして、顔を叩くモーションを加えましたいうもの。
早く復帰させようとして、コントローラのスティックをガチャガチャさせているのに、あの顔を叩く動作が余計に苛々させる要因になっている。
ゲームの難易度を維持するのに気絶要素が必要なのは分かるが、フラフラする動作だけで十分。

スリンガー
ペイント玉を廃止したので、それに代わるシステムを付け加えないと、目新しさに欠けてしまうので、導入してみました的なシステム。
このシステムがあるせいで、アイテムアイコンが増えすぎて、←→キー操作だけは間に合わなくなり、ショートカットキーを追加しないとまともに操作できなくなるほど、操作性が悪くなってしまった。

・食事の時のムービー
せっかく凝ったムービー作ったのだから、強制的にみせてやるという開発側のエゴを感じる。optionボタンでスキップできるが、毎回optionボタンを押さないといけないのは非常に煩わしい。ボタンを押さなくても自動的にスキップするようにオプションメニューで設定できるようにするべきだが、「せっかく作ったムービーをユーザが見てくれないのは寂しいじゃないですか」的な感覚から、自動スキップ機能を頑なに導入しない。

・出しゃばりな受付嬢
要らない過剰な演出の筆頭。「ゼルダの伝説 BotW」の抑制の効いた最小限の演出とは真反対のもの。ヒロインがいないと海外受けしないからという理由で、狩りの邪魔しかしない受付嬢を不必要に押し出す演出。

・痕跡システム
賛否両論だが、蟲が誘導しているという設定は不要だったのではないか。戦闘状態になると導蟲が誘導を中断してしまうのも、ストレスでしかなく、単純にゲームシステムとしてマップ上にモンスターを表示するだけで良かった。蟲による誘導は暗い時はいいが、昼など周囲が明るいと見づらくて仕方がない。戦闘状態だと痕迹が明るくならないので、戦いながら痕迹を集めたりすることができないのが、地味にストレス。

・肉焼き機
今作ではこんがり肉が不要なので、肉を焼く必要性が完全にないのも関わらず、モンハンと言えば肉を焼くモーションが象徴的なので、残しましまたという不要なもの。肉焼き機のアイコンは邪魔なアイコン筆頭。

モンハンは過去作から、変に世界観に拘り、それによりユーザにストレスを与えるの意に介せず、開発側のエゴ的な演出をユーザに強制的に押し付けるという印象が強い。
直前で「ゼルダの伝説 BotW」をプレイしたせいか、どうも任天堂の「作ったが不要な要素なので、敢えて削る」というスタンスと、カプコンの「せっかく作ったので、不要だけどもったいないので、取り敢えず残しておく」というスタンスの違いというか、「引き算の美学」を理解していない点がもどかしい。

これは音だけに限ったことではなくて,映像表現とか写真や絵画でも同じだと僕は思っていて,「写さない」「撮らない」「描かない」という選択肢は能動的な表現方法の一つではないでしょうか。


カプコンもそろそろ足していくだけでなく、不要な要素は削るという「引き算」の美学を習得して欲しいなぁと強く思う。
それでもモンハンワールドをプレイしている時間の方が圧倒的に長いので、なんだかんだ言ってもモンハンが現行のゲームの中ではもっとも好きなんだろうけど…


FFプロデューサーの本「吉田の日々赤裸々」が結構面白かった

www.4gamer.net

この記事のブックマークで、勧められていたので、試しに1巻を読んでみたら、予想外に面白かった。

なので、2巻目も購入してしまったが、こちらも面白かった。
赤裸々とあるが、内容としては当たり障りのない抑制の効いた記事ばかりだったが、それでもMMORPGのプロデューサーのゲーム開発についての徒然の想いを綴っている本だったので、非常に面白かった。
MMORPGに興味ある人は、買ってみて損はないと思う。
ということで、本を紹介してくれたid:imaginaration 氏に感謝。

EverQuestからMMORPGにはまったけれど、現在に到るまで根本的なシステムはほとんど進化していないのが、MMORPGが大好きだった自分にはどうにも遣る瀬ない。

【モンハン】モンハンワールドをちょびちょびとやり続けている

リリースからだいぶ経つけど、まだHRが150超えないくらいしかプレイしていない。
色々と細かい不満点はあるのだが、各種の武器の操作性が抜群に良いので、武器を変えると完全に別ゲームになるので、なかなか飽きがこない。
まぁ。さすがにリリース直後の熱気は無くなったので、まったりと自分のペースで続けている。

今週は、ヴァルハザクの歴戦王がイベントとしていたので、早速試してみたが、メイン武器のガンランスだと、さくっと3乙したので、相性が良さそうな火属性の双剣の回復付与で狩ることにする。時間はかかるが、キリンの歴戦王よりもかなり楽な印象だった。

カスタム用の龍脈石が全然持っていないので、これを少し機会にヴァルハザク歴戦王を周回してみようかなぁ。
しかし、珠の方もまったく揃っていないので、装備がうまく組めずに、討伐に17分もかかってしまっているのが、悩みどころ。
せめて、12分ぐらいで狩れるようにしたいが、まずは使っている双剣のカスタム強化が回復付与1つしかできていないので、刃の「猛者の龍脈石」を入手しないと始まらないというジレンマ…

youtu.be
そういえば、夏にMHXXの海外版がNintendo Switchでリリースされるけど、日本では何かNintendo Switch向けのモンハンはリリースされるのだろうか?
さすがに3DSではもう新しいモンハンは出さないだろうが、まず間違いなくNintendo Switch向けで新しいモンハンは開発しているはず。

モンハンワールドをNintendo Switch向けに出すことはまず無理なので、モンハンワールドとは完全に別のポータブル用モンハンとして、日本国内向けにNintendo Switch限定として何らかのモンハンは絶対にリリースしてくるはず。
モンハンワールドはPS4向けにグラフィックなどを1から作り直しているので膨大な手間と時間がかかっているが、Nintendo Switch向けなら既存のMHXXのデータが丸々流用できるので、かなり楽に新しいモンハンを開発できる。

カプコンとしては、モンハンワールドを世界的に大々的に売り込んでいる最中なので、表立ってNintendo Switch向けの新しいモンハンを開発中ですとかは公言できないだろうが、将来的には、高画質でシームレスのモンハンワールドと、ポータブル用既存のモデル改良版モンハンの2本を並行してリリースしていく体制を考えているはず。

モンハンワールドのG級が来るより前に、Nintendo Switch限定のポータブル用新モンハンが発売される可能性は十分に高いだろうなぁと、勝手に妄想している。

しかし、モンハンワールドの操作性の良さはマジで神がかっているので、Nintendo Switch向けに新しいモンハンが出ても簡単には満足できない自分が想像できてしまうのが怖い。
まぁ、なんだかんだ言いつつも、絶対に買ってプレイしてしまうのだろうが…

【読書】幼女戦記の原作5、6、7巻を読了

幼女戦記』のアニメが凄く良かったので、どうしても続きが読みたくなり、ポチってしまった。

今度、劇場版アニメ化されるのは、おそらく南方大陸編だろうと予測して、5巻から読み進める。

5巻あたりから、文章もこなれてきたようで、評価も良い。実際、初期の悪文が完全に改まって、読みやすくなっている。加えて、web版からだいぶ改変されているらしく、ストレスなく読み進められる。

幼女戦記 5 Abyssus abyssum invocat

幼女戦記 5 Abyssus abyssum invocat

ただ、物語りが遅々として進まない。似たような戦闘の描写が多く、もう少し展開を早くしても良いのではないかと思う。

7巻まで読了したが、悪くはないのだが、アニメ版が物凄く良すぎたために、凡庸な作品にみえてしまう。

ちょっと飽きてしまったので、この先の巻は買わずに、完結したら、一気に読むことにする。

「なれる!SE」がいつの間にか完結していた

仕事のモチベーションが下がった時に読むと、自然とやる気が出た。 ライトノベルだけど、フィクションだけど、現実にはこんな風に上手くは行かない。そういうことは分かっているけど、社畜の一服の清涼剤というかエナジードリンク的なライトノベルだった。

どハマりする訳ではなかったけど、好きだったので、完結してしまったのが少し寂しい。

番外編でもいいので、また別のストーリーが読みたい。

iPad mini5が発売されないので、iPad mini4を購入するも…

つい先日、iPad mini5はもう発売されないだろうと推測して、Appleの整備済製品のiPad mini4を購入してしまった。

やはり、iPad miniは自分には凄く合っていて、タブレットはこのサイズが一番だなぁと感じている。もっと早く決断するべきだったと思っていたが、つい先程、こんな記事を見た。

新iPadは3月に発売か Appleが新製品の販売許可を求める申請 - ライブドアニュース

マジかぁ。まだ確定情報ではないけど、まさかこのタイミングで…

【モンハン】モンハンワールドをまったりプレイ中

モンハンワールドをプレイ中。もうおっさんなので、何時間もゲームをプレイし続ける体力も集中力もないので、まったりとプレイ中。

発売からちょうど一ヶ月くらい経つが、まだストーリーモードをクリアできていない。というか、今作はどの武器も特徴的で操作しやすく爽快感があるので、色々な武器を試しているので、なかなか強化が進まない。

ネルギガンテを倒して、他の古龍の痕跡を探しつつ、下位のクエストをようやく埋めきった。

マルチはほとんでやらずに、基本的にソロで進めている。今回はメイン武器はガンランスで、サブに弓を使う感じ。その他、お遊び的に、スラッシュアックスと、ライトボウガンヘビィボウガンを少しずつ使っている。

ネルギガンテタイムアタック的に色々な武器を使って狩りたいので、まずはガンランスで7分以内で狩るくらいのタイムを出したいので、バゼルギウスの防具を一式揃えたい。

バゼルギウスを狩りやすくしたいので、まずは水属性の弓を強化したい。

とりあえずは、現状ではそんなところ。

「手があいたらモフっても良いんですよ?」 モンハンに付き合ってくれる本物のねこが最高のオトモ - ねとらぼ

こんなオトモが欲しい。超癒された。マジで可愛い。飼い主との信頼関係というか、互いに好き合っている感じが伝わってきて、凄くいい感じなのが、良かった。